我が同胞(はらから)たちの声を聞こう!

本コーナーでは、『同窓会員』間の交流を図る為、メッセージを募集し掲載しています。「20周年記念会報」に掲載された文章の一部を転載しています。投稿を希望される同窓生の方は「お問い合わせ」よりお申込ください。事務局よりご要望をお伺いいたします。但し、掲載上のルールは以下の通りですので、ご理解ご協力願います。

  1. 投稿者=「声の主」の氏名及び回期を掲載します。
  2. 原稿の文字数は300字程度とし、本会の趣旨に反する内容は掲載できません。
  3. 掲載時期は状況により確約できません。また、全文を掲載できない場合もあります。

内山 隆 (高18回) より

(本文は、1988年6月の総会時に発行された『東京香陵同窓会20周年記念会報』に掲載の内山隆氏の文章を転載させていただきました。)

「宇宙への道」と題して、

現在、小生は宇宙利用関連の研究開発の仕事をしております。これまでの宇宙開発は、その“高さ”を利用することを中心に進めて来ました。 例えば、放送衛生・通信衛星・気象観測衛星などがこれに相当します。しかし、今後は、宇宙としての特有の環境を利用することが大変注目されています。

即ち、無重力環境を利用した新合金、高純度の半導体材料や薬品の開発や、太陽光発電などが代表的な例です。これらの実験の場を提供することを目的に、米国を中心としてカナダ・日本・EC(EUの前身)が協力して、1995年頃の運用を目指した恒久的な宇宙基地の計画が進められており、1987年度より本格的な設計作業に着手する予定となっています。また、これに先立って、1992年頃に日本のロケットで打ち上げて三週間から三ヶ月の間、各種の生物実験・材料実験・たんぱく質合成実験などを行い、米国のスペースシャトルで回収することも計画されています。

この実験に関連して、小生の研究部では、“もやし”と“めだか”と“いもり”を飼育する準備をしています。なにか、子供のいたずらのように思われるかも知れませんが、実はこれは大真面目な科学的実験なのです。“もやし”については、根の先にあると言われている重力検知細胞の実験、“めだか”については、卵に水をかけるとふ化するアフリカの特殊なめだかを使った生体発生の実験、“いもり”についても、無重力下における細胞の発生異常に関する実験なのです。

さらに、今後の宇宙開発においては、ロボット化が大きなテーマとなっています。これは、前述の宇宙基地の組立に利用するばかりでなく、人工衛星の保守・点検・燃料補給、さらには、宇宙のゴミ掃除まで、多くの利用が考えられています。米国のNASAでは、宇宙基地開発予算の10%がこの宇宙ロボットや自動化の研究に注ぎ込まれています。

小生の所でも、この宇宙を自由に飛びまわる宇宙ロボットの研究開発を進めています。また、この宇宙ロボットを使った月基地や火星基地の建設の提案もなされています。何か、小学生の時に読んだSF小説を思い出すような話ですが、国際学会で真面目に議論されています。

宇宙開発の計画については、「桃・栗 三年、柿 八年、宇宙 十五年」と言うそうです。 コロンブスらが十五世紀の大航海時代に活躍したように、やがて宇宙においても宇宙大航海時代がやってくるのかも知れません。

事務局より

平成30年は、本会の創立50周年を祝う記念事業として、「講演会の開催」、「母校への記念品贈呈」、「50周年記念誌の発行」などを実施いたしました。

学年幹事さんを中心に多くの皆様にご協力いただいた結果、出席者数が例年より50名程度増加いたしました。これを機に、これからも各回期で出席者が益々増加するようになればと期待しています。学年幹事の皆さん、引き続きよろしくお願いいたします。

事務局より

☆皆様へのお知らせ

  1. 「50周年記念誌」は次回の総会時にも配布を予定しておりますので、初めての方や久しぶりにご参加される方は、是非お受け取りください。但し、前の総会にご参加され、既に受け取られた方は除きます。
  2. 来年の総会日程が発表されていますので、「総会日程」よりご覧ください。

幹事さん募集中!

「学年幹事紹介」をご覧の通り、『幹事さん』不在の回期が多数あります。会の継続発展のため、学年幹事になられる方を探しています。是非ご応募願います!